オリックス銀行と消費者金融の違いと特性

消費者金融とカードローンは性質が似通ったサービスですが、これらのサービスの違いや適した使い方というのはどうなっているのでしょうか。

 

消費者金融の場合、すぐに返すことのできるお金を一時的に借りる、というシーンに適していると考えられます。
借りたお金の返済方法は基本的には、定められた日に一括して返済をすることとなります。返すあてのない大金をまとめて借りてしまった場合、返済に窮することとなってしまうでしょう。

 

逆に少額のお金を一時的に借りてすぐに返す、という場合においては非常に適しています。
少額のお金を分割でちまちまと返済していては、非常に面倒ですし、利息分が勿体ないですものね。

 

 

一方でカードローンの場合はその逆で、まとまったお金を借りて、それを長期間かけて返済していく、というシーンに適しています。
カードローンの場合は返済方法は基本的には分割支払いとなります。まとまったお金を借りた場合でも、返済金額は一定であり、お金を借りた翌月から利息と元金を合わせた一定金額を返済していくこととなります。
毎月の支払額が一定であるため、まとまったお金を借りた場合でも無理のない返済ができるのです。
お金に余裕ができた際には繰り上げ返済をすることも可能です。繰り上げ返済はATMから簡単に行うことができ、繰り上げ返済を行うことで、返済にかかる期間を短縮したり、支払う利息金額を減らすことができるのです。お金を土日に借りることもできます。

 

 

カードローンは、まとまったお金を計画的に返済することができるので、無理なく大金を借りることができ、非常に便利なものです。
しかし金融商品の一種であるため、利用するためには各金融機関所定の審査を通過する必要があります。

 

金融機関が行うカードローンの審査は時間がかかることが多く、また多数の書類を用意して提出する必要があります。
多くの金融機関の審査では、収入証明書、本人確認書類の提出が必要となり、審査には数日間を要します。急いでカードローンを利用したいという場合には不便と考えられますね。

簡潔かつスピーディーに利用できるカードローンは存在しないのでしょうか。

 

日本でも屈指の歴史と人気を誇る信託銀行であるオリックス銀行。
このオリックス銀行が提供しているカードローンであれば、簡潔かつスピーディーな審査で利用を開始ることが可能です。

 

オリックス銀行のカードローンは、目的別に合わせて利用限度額かを細かく設定することが可能となっています。
利用限度額は100万円未満から800万円までの幅が設定されており、200万円超からは100万円単位で自分に適した金額を設定できます。
中でも特筆すべきなのは、300万円までに設定した場合です。

 

利用限度額が300万円までの場合、収入証明書の提出が原則として不要となっているのです。

 

収入証明書の提出が不要なので、その分申し込みにかかる手間を省くことができますし、当然審査スピードも速くなります。
最短で申し込みから即日借り入れも可能という対応の早さなのです。

 

申し込みに際して、担保や保証人は不要ですし、来店や口座開設も不要となっています。
おまとめローンや借り換えローンにも対応していますし、ATMの利用手数料は借りる際も返す際も利用手数料が終日無料となっているのです。
利用可能なATMの数は全国に89000台以上あり、コンビニエンスストアのATMや郵便局のATMの利用が可能となっています。
文字通り、日本中どこでも利用することができますね。

 

また、借入残高が30万円以下の場合、毎月の返済金額を7000円とすることが可能となっています。

 

オリックス銀行のカードローンを上手に活用して、ぜひとも人生をより充実させたいですよね。